特急“谷川岳山開き”,E257系5500番台で運転

access_time
2022年7月4日掲載
特急“谷川岳山開き”,E257系5500番台で運転

JR東日本では,2022(令和4)年7月2日(土)から翌3日(日)にかけて,特急“谷川岳山開き”が上野—土合間で運転されました.
 昨年2021(令和3)年までは185系により,快速列車として運転されてきた“谷川岳山開き”ですが,今回は特急列車となり,大宮総合車両センター所属のE257系5500番台OM-51編成(5両)が使用されました.
 写真は,土合到着後,越後中里まで回送される際のものです.

写真:土合—土樽間にて 2022-7-3
投稿:藤巻 佳一