鉄道ファン2024年8月号(通巻760号)
『鉄道ファン』2024年8月号
2024年6月20日発売
特別定価1350円(税込)
鉄道ファン2024年8月号
2024年6月20日発売
特別定価1350円(税込)
鉄道ファン2024年8月号(通巻760号)
特集 地下鉄最新事情2024
目次を見る
アンケートdeプレゼント

南海和歌山港線で「自動運転実証試験」を2023年から実施へ
〜実証実験に向けた各種設備を南海・京三製作所で開発〜

南海和歌山港線で「自動運転実証試験」を2023年から実施へ

南海電気鉄道は,2023(令和5)年度から実施予定の和歌山港線(和歌山市—和歌山港間/2.8km)での自動運転実証試験に向け,2022(令和4)年7月から順次準備を進めると発表した.
 準備では,各種設備を京三製作所と共同で開発し,車上設備として自動運転を実施する車両に乗務員向けの操作表示部と自動列車運転装置を新設する.地上設備は,これまで運転士が確認・判断していた情報(信号機の現示や走行経路情報など)を,車両の自動列車運転装置に伝達するための設備を一部に新設する.
 あわせて,自動運転を行なうための各装置の機能や精度の確認や,安全性や安定性,異常時の取扱いなどについて,関係省庁や有識者で構成する第三者委員会による検討・評価を実施する.
 なお,実証試験の具体的な内容は,決定次第発表されるが,昼夜,試運転車両を使用して,運転士が乗務した状態で,安全性の検証や課題の抽出を目的に実施する予定.

画像は南海電気鉄道・京三製作所 共同ニュースリリースから

このページを
シェアする