釧網本線でラッピング車3両による団臨運転

access_time
2022年6月20日掲載
釧網本線でラッピング車3両による団臨運転

JR北海道では,2022(令和4)年6月19日(日),キハ54 507「流氷物語(白)」+キハ40 1779「道東 森の恵み」+キハ40 1720「流氷の恵み」の3両編成を使用した団体臨時列車が,釧網本線網走→浜小清水間で運転されました.
 これは,「オホーツクSEA TO SUMMIT 2022」の参加者専用として運転されたもので,乗客は,浜小清水まで列車移動したあとロードバイクで藻琴山に向かいました.
 客扱いを終えた3両は,浜小清水→知床斜里→網走の経路で回送されています.

写真:藻琴—北浜間にて 2022-6-19
投稿:千葉 英介