富山地鉄「タブルデッカーエキスプレス」が2連で運用される

富山地鉄「タブルデッカーエキスプレス」が2連で運用される

富山地方鉄道では,「ダブルデッカーエキスプレス」用の10030形から2階建て中間車のサハ31が抜かれ,モハ10033+モハ10034の2両編成で,2022(令和4)年6月11日(土)から運転されています.
 ほかの車両に不具合が生じ,現在は特急列車の運転が休止されていることもあり,ワンマン運転運用に充てたものと思われます.同編成が2両編成で運転されるのは,2020(令和2)年5月末の検査後の営業運転復帰時以来となります.

写真:越中舟橋—越中三郷間にて 2022-6-12
投稿:大島 哲也