島原鉄道キハ2513Aが「マルマサ 味付海苔号」に

access_time
2022年5月29日掲載
島原鉄道キハ2513Aが「マルマサ 味付海苔号」に

島原鉄道では,2022(令和4)年5月25日(水)から,「マルマサ 味付海苔号」が運転されています.
 これは,長崎県島原市の水産加工会社「丸政水産」と島原鉄道のコラボレーションによるもので,島原鉄道の公式オンラインショップ「しまてつショップ」では,丸政水産とのコラボ商品「(味付のり)のり海苔でござる」と「(のりふりかけ)かけすぎでござる」が販売されています.
 なお,このヘッドマークの取付けにより島原鉄道のキハ2500A形で,ヘッドマークを装着せず登場当時の塗装を維持する車両はキハ2502Aのみとなっています.

写真:森山付近にて 2022-5-28
投稿:陣野 大誠