南海,車両側面にカメラを試験的に設置

南海電気鉄道 8300系

写真:南海電気鉄道8300系  松本洋一撮影(取材協力:南海電気鉄道)

南海電気鉄道は,列車出発時の車両側面とホームにおける安全確認を行なう方法として,2022(令和4)年6月1日(水)から,車両側面にカメラを試験的に設置すると発表した.

南海,車両側面にカメラを試験的に設置

 カメラは南海線・空港線を走る8300系(4両1本)を対象に,1両につき片側2ヵ所(両側4ヵ所)に設置する.車両側面とホームの状況を録画し,安全上,夜間や悪天候時などにおいても十分な視認性が確保できることを検証する.カメラの設置車両は順次拡大するとともに,高野線・泉北高速線でも運用する予定.なお,本検証実施期間中においては,乗務員がこれまでどおりの方法でホームにおける安全確認を行なう.今後,検証結果を踏まえ,導入計画を検討する予定.

特記以外の画像は南海電気鉄道ニュースリリースから