鉄道ファン2024年5月号(通巻757号)
『鉄道ファン』2024年5月号
2024年3月21日発売
定価1250円(税込)
鉄道ファン2024年5月号
2024年3月21日発売
定価1250円(税込)
鉄道ファン2024年5月号(通巻757号)
特集 短絡線ミステリー2024
目次を見る
アンケートdeプレゼント

只見線の全線運転再開日は10月1日に

只見線の全線運転再開日は10月1日に

▲桁架設・軌道工事が完成した第5只見川橋梁(写真奥が只見方面)

福島県とJR東日本仙台支社は,2022(令和4)年10月1日(土)から只見線全線で運転を再開すると発表した.

只見線の全線運転再開日は10月1日に

▲桁架設・軌道工事が完成した第6只見川橋梁(写真右が只見方面)

 只見線は,2011(平成23)年7月に発生した新潟・福島豪雨の影響より,会津川口—只見間が不通となった.福島県とJR東日本では,2017(平成25)年6月に「只見線(会津川口〜只見間)の鉄道復旧に関する基本合意書及び覚書」を締結し,JR東日本が復旧工事を進めてきた.復旧工事により,流失した第5・第6・第7只見川橋梁は,橋脚・桁架設・軌道工事がすべて完了しており,2022(令和4)年7月下旬から訓練運転を開始できるよう,引き続き復旧工事を実施する.

只見線の全線運転再開日は10月1日に

▲桁架設・軌道工事が完成した第7只見川橋梁(写真左が只見方面)

 全線運転再開日となる10月1日(土)には,記念列車運行に加え,沿線自治体と連携して記念式典やイベントの開催を予定している.また只見線と奥会津の四季折々の魅力を体感できる特別ツアーを企画し,専用WEBサイトでツアーの募集を行なっている.
 全線運転再開後の列車については,会津川口—只見間は1日3往復(会津若松発 小出行き:3本,小出発 会津若松行き:3本)の運転とし,具体的なダイヤなどについては,改めて発表される.

只見線の全線運転再開日は10月1日に

写真・画像はいずれも福島県・JR東日本仙台支社 共同ニュースリリースから

このページを
シェアする