JR東日本 E956形「ALFA-X」,2022年度以降の走行試験内容を発表

JR東日本E956形「ALFA-X」

写真:JR東日本E956形「ALFA-X」  目黒義浩撮影  新幹線総合車両センターにて  2019-5-10(取材協力:JR東日本)

JR東日本は,次世代新幹線開発用試験車両E956形「ALFA-X」について,2022(令和4)年度以降の走行試験の内容を発表した.
 2019(令和元)年5月から2022(令和4)年3月に実施した走行試験では,試験日数計182日,距離約14.5万kmを走行しており,安全性・安定性や快適性,環境性能,メンテナンス性の向上を目的とした各開発品の性能を確認してきた.今後は,地震対策をはじめとした,各種開発品の耐久性確認や,車内における乗客サービスの研究開発,将来の自動運転を実現するための基礎的な研究開発などを目的とし,走行試験を実施する.
 また2022(令和4)年度からは,おもに営業列車が走行している時間帯で走行試験を行なう.走行区間は,おもに東北新幹線の仙台—新青森間とし,試験内容により,ほかの区間を走行する場合もあるとしている.営業時間帯における走行は,沿線騒音が現状から悪化しないように配慮した速度とし,当面の間は,最高速度を営業列車と同じ速度で実施する.