カトー,300系新幹線「のぞみ」,E129系の製品化を発表

access_time
2022年5月12日掲載
カトー,300系新幹線「のぞみ」,E129系の製品化を発表

カトーは,2022(令和4)年秋の生産予定商品として,300系新幹線「のぞみ」の製品化を発表しました.

 製品は,東京第二車両所所属の3次車(J17・18・20〜23)編成をプロトタイプに,引戸式の客扉や,700系タイプのパンタグラフカバーとシングルアーム式の集電装置が2基搭載された姿が再現されます.

カトー,300系新幹線「のぞみ」,E129系の製品化を発表

 また,E129系の製品化も発表されています.新潟地区の特色を表した「黄金イエロー」と「朱鷺ピンク」の帯に,豪雪地帯での運転を考慮した全面形状や機器設備など,特有の外観が製品に反映されます.実車と同じく2両編成〜6両編成が再現可能で,スロットレスモータの搭載により,スムーズかつ静寂な走行が可能です.

カトー,300系新幹線「のぞみ」,E129系の製品化を発表

▲「静岡ホビーショー」で展示されたE129系の試作品(編集部撮影)

 前面表示は出荷状態で「普通 新潟」が取付け済みで,交換用として「無地」と4両セットに「普通 村上」,2両セットに「普通 直江津」がぞれぞれ付属します.そのほかの前面・側面表示は付属する行先表示シールでの対応となります.
 いずれも,発売時期・品番・価格などの詳細については,決まり次第発表されます.

カトー,300系新幹線「のぞみ」,E129系の製品化を発表

▲「静岡ホビーショー」のKATOブース."のぞみ"で活躍した歴代の新幹線電車のNゲージ車両も展示された.(編集部撮影)

特記以外の画像はカトーWEBサイトから