特急“オホーツク”・“大雪”に復刻塗装車

特急“オホーツク”に復刻塗装車

JR北海道では,2022(令和4)年5月3日(火祝)から,特急“オホーツク”・“大雪”に,1986(昭和61)年当時の塗装を復刻した車両が2両連結して使用されています.
 これは,2022年1月から行なわれている『「いまこそ輝け!北のキハ183系」キャンペーン』の一環で,グリーン車のキロ182-504については,先に塗色変更を終え,4月13日(水)の“オホーツク”3号から営業運転を開始しました.このほど,先頭車のキハ183-8565も塗装変更を終え,キロ182-504と連結して,5月3日の“オホーツク”1号から営業運転を開始しました.
 5月5日(木祝)までは2両揃っての運転が発表されており,6日(金)以降も“オホーツク”・“大雪”で使用される予定ですが,運行日・運行列車の発表はないとのことです.

写真:深川にて 2022-5-3
投稿:中村 公亮