箱根登山鉄道・箱根登山バス,4月29日から制服を一新

箱根登山鉄道・箱根登山バス,4月29日から制服を一新

小田急グループの箱根登山鉄道と箱根登山バスは,それぞれが運行する電車・ケーブルカー,バスの現業従業員の制服を,2022(令和4)年4月29日(金祝)から一新すると発表した.

 現在の制服は2005(平成17)年から使用しており,およそ17年ぶりのデザイン変更となる.コロナ禍により当計画は延期となっていたが,観光業の早期の復活を願い,箱根を訪れる観光客に,これまで以上に各乗り物を楽しんでもらえるよう,観光の「楽しさ」を表現したデザインとし,機能面についても従業員からの意見を積極的に取り入れ,着心地,使い心地を追求している.
 新たな制服は,『誇り高く伝統を軽快に纏う』をコンセプトに,各社員が,100年以上の伝統を持つ会社の歴史を再確認し,国内有数の山岳観光地の交通路を担う「山の案内人」として,力強くかつ軽やかに働くことをイメージしている.

箱根登山鉄道・箱根登山バス,4月29日から制服を一新

背中には箱根登山鉄道前身の馬車鉄道

箱根登山鉄道・箱根登山バス,4月29日から制服を一新

箱根の四季に5色のネクタイ

 ジャケット・ベストは,ウール混ツイード風生地を使用することで質感の向上を行なったほか,ストレッチ性のある生地の採用で運動性と着心地を向上している.全体的に細身を意識した洗練されたシルエットとし,携行品の保持に便利なポケットを複数箇所に採用している.背部には,箱根登山電車とバスの共通ルーツである馬車鉄道をワッペンで表現している.ジャケットは引っ掛かりを防止するため,袖ボタンをなくしたほか,ベスト着用時の夏季にノーネクタイの場合,ポケットの裏地をチーフとして利用可能としている.
 パンツについてもストレッチ性のある生地を採用し,全体的に細身を意識した洗練されたシルエットとしている.腰部にはシリコン製の滑り止めを設け,シャツのはみ出しを防止する.シャツは,パイピング,袖ステッチ,刺繍,車輪をイメージした飾りボタンなどを施し,シャツとしても存在感,意匠感を持たせている.

写真はいずれも小田急箱根ホールディングス提供