三菱重工,マカオLRT延伸プロジェクトを受注

access_time
2022年4月21日掲載
三菱重工,マカオLRT延伸プロジェクトを受注

▲マカオLRTタイパ線

三菱重工業は,中国マカオ特別行政区(Macau Special Administrative Region)の政府・建設発展弁公室(GDI)から,マカオLRT(Light Rapid Transit)の延伸プロジェクトを受注したと発表した.

三菱重工,マカオLRT延伸プロジェクトを受注

▲路線図

 2019(令和元)年12月に開業したマカオLRTタイパ線は全自動無人運転車両システム(AGT:Automated Guideway Transit)が採用されており,今回の受注はこれに続くもので,三菱重工グループの豊富な知見を生かし,マカオ都市部の安全・円滑な輸送体制を強化する.
 延伸プロジェクトは,新興リゾートホテルが立ち並ぶタイパ島内で運行するタイパ線(11駅,9.3km)を軸に,対岸のマカオ半島へ接続する「Barra延伸線(1駅追設,3.4km)」,人口の増加が見込まれ大形病院の建設も予定されている石排湾地区へつながる「石排湾延伸線(2駅+乗換駅追設,1.3km)」,中国大陸の横琴島へ伸びる「横琴延伸線(2駅追設,2.2km)」の計3線を新設する計画となる.このうち石排湾延伸線と横琴延伸線については,地元ゼネコンである「Top Builders Macau Co. Ltd.」と「Hou Chun Construction and Engineering Company Limited.」との間で3社コンソーシアムを組んで協働し,本プロジェクトを通じて地域経済のさらなる発展と人材育成を行なう.
 今回,三菱重工業は信号や通信システム,給電設備,軌道工事,ホームドア,料金機械といったシステム一式(駅舎の建設や土木工事,車両を除く)を担当する.各路線で使用される車両は,三菱重工業がタイパ線向けにすでに納入済みのAGT車両を活用する予定.
 三菱重工グループはタイパ線のプロジェクトにおいても,AGT車両110両のほか,信号・列車制御設備,給電設備,通信システム,軌道,メンテナンス設備,ホームドア,料金機械の納入実績がある.また,開業後5年超にわたる車両のオーバーホールメンテナンス契約も受注しており,マカオLRTの安定運行をサポートする.

※写真はいずれも三菱重工提供