JR九州,D&S列車「ふたつ星4047」の運転開始日は9月23日に
〜2号車「ラウンジ40」のインテリアデザインも発表〜

JR九州,D&S列車「ふたつ星4047」の運転開始日は9月23日に

JR九州は,西九州新幹線の開業にあわせて運転を開始する新たなD&S列車「ふたつ星4047(ふたつぼし よんまるよんなな)」について,営業運転開始日を2022(令和4)年9月23日(金祝)に決定し,2号車の「ラウンジ40(よんまる)」のインテリアデザインを発表した.

JR九州,D&S列車「ふたつ星4047」の運転開始日は9月23日に

 「ふたつ星4047」は,2022(令和4)年3月で運転を終了した“はやとの風”用のキハ47形・キハ147形と,“いさぶろう”・“しんぺい”の予備車両のキハ140形を使用した3両編成.
 2号車に設置される「ラウンジ40」は,ソファーや窓側に向いたカウンター席などで沿線の景色を楽しみながらゆっくりと過ごすことができる贅沢なラウンジで,新たなD&S列車でのひとときを提供する.大きなカウンターテーブルを配置したビュッフェでは,客室乗務員による,沿線のおいしいものや「ふたつ星4047」のオリジナル商品の販売を検討している.

JR九州,D&S列車「ふたつ星4047」の運転開始日は9月23日に

 1号車(キハ47 8092)と3号車(キハ147 1045)は普通車指定席で,合計86席となる予定.2号車(キハ140 2125)は1両すべてが共用スペースとなる.列車のトータルデザインマネージメントは,ドーン・デザイン研究所の水戸岡鋭治氏が担当することが発表されており,運転時刻,車内サービスなどの内容については,決まり次第発表される.

画像はいずれもJR九州ニュースリリースから(Design & Illustration by Eiji Mitooka + Don Design Associates)
※画像は完成予想図です.