415系500番台が大分に転属
〜JR東日本の譲渡車が大分に揃う〜

access_time
2022年4月4日掲載
415系500番台が大分に転属

2022(令和4)年3月に鹿児島車両センターから大分車両センターに転属し,同月31日(木)に小倉総合車両センターから出場した415系500番台Fo520編成が,4月1日(金)から運用に入りました.4月3日(日)には,大分地区から北九州方面に向かう運用に充当され,大分地区を離れています.
 この編成は,2016(平成28)年3月に大分車両センターから鹿児島車両センターに転属し,Fk520編成として運用された実績があり,九州北部で運用されるのは6年ぶりとなります.
 今回の転属により,2008(平成20)年にJR東日本からJR九州に譲渡された415系12両のうち,現存する8両が大分に揃うことになり,今後の動きに注目が集まりそうです.

写真:大分にて 2022-4-3
投稿:麻生 航太郎