比叡山鉄道,開業時から使用されてきたレールを販売

access_time
2022年3月7日掲載
比叡山鉄道,開業時から使用されてきたレールを販売

▲発売される「T-JOEUF-1926」の刻印入りカットレール

比叡山鉄道,開業時から使用されてきたレールを販売

▲発売される刻印なしのカットレール

比叡山鉄道では,開業時から使用されてきたレールを,2022(令和4)年3月12日(土)に開催される「集まれ!京阪グループ@SANZEN-HIROBA」会場で販売します.
 販売されるレールは,JOEUF製1926(大正15)年製造の37㎏/mレールで,今回は「T-JOEUF-1926」の刻印入りカットレールと刻印なしのカットレールを販売します.

※画像はいずれも比叡山鉄道提供

内容 ●「T-JOEUF-1926」の刻印入りレール...数本
●無刻印カットレール...数本
※今回販売のレールには,比叡山鉄道で使用されていた上記レールであることの証明書が発行されます.
発売価格 3300円〜110000円(税込)
販売日時 2022(令和4)年3月12日(土)10時〜16時
※売り切れ次第,販売終了.
※「集まれ!京阪グループ@SANZEN-HIROBA」販売会は12日(土)・13日(日)の2日間ですが,レール販売は12日(土)のみです.
発売場所 KUZUHA MALL 南館ヒカリノモール1F SANZEN-HIROBA(京阪電車樟葉駅下車すぐ)
ご案内 坂本ケーブル開業から使用していた希少レールを販売します!(京阪ホールディングス ニュースリリース,PDFファイル)