神戸電鉄,3月12日に有馬線・三田線・粟生線でダイヤ変更を実施

access_time
2022年2月10日掲載
神戸電鉄6500系

写真:神戸電鉄6500系  編集部撮影  鈴蘭台車庫にて  2016-5-14(取材協力:神戸電鉄)

神戸電鉄は,2022(令和4)年3月12日(土)に,有馬線・三田線・粟生線でダイヤ変更を実施すると発表した.

 今回のダイヤ変更は,これまでも利用者が減少傾向にある状況において,新型コロナウイルス感染症の影響により,さらに利用客が減少していることを踏まえ,アフターコロナの社会を見据えて,運転本数や運転区間,列車種別の見直しなどを行なう.深夜時間帯においては,とくに利用者が大きく減少していることから最終列車を繰り上げ,営業終了後から初発列車までの夜間に実施している鉄道施設の保守作業等にかかる時間を確保し,作業を効率的に行なう.
 朝ラッシュ時間帯では,有馬・三田・粟生線で運転本数を見直し,平日の上り(有馬・三田・粟生線方面から新開地方面行き)で計3本,下り(新開地方面から有馬・三田・粟生線方面行き)で計6本をそれぞれ減便する.土休日では,上りで計3本,下りで計4本をそれぞれ減便する.
 また.上記時間帯の有馬・三田線において,平日の三田発上り急行2本を普通と準急に,三田発上り特快速1本を急行に,新開地発下り急行1本を準急にそれぞれ種別変更する.粟生線では,粟生発上り急行2本と小野発上り急行1本を準急に種別変更する.これにより粟生線の急行列車は終日廃止となる.土休日では,有馬・三田線の新開地発下り急行1本を準急に変更する.
 夕方のラッシュ時間帯から深夜時間帯では,平日の上り8本を減便し,2本を増便する.下りは11本を減便し,1本を増便する.土休日では,上りで計8本,下りで10本をそれぞれ減便するとともに,下り1本を増便する.
 また,上記時間帯の有馬・三田線において,平日の新開地発下り急行1本を準急に種別変更する.土休日では,三田発上り急行1本を普通に,新開地発下り急行1本を準急に変更する.
 このほか,有馬・三田・粟生線で最終列車を繰り上げる.詳しくは,神戸電鉄ニュースリリースに掲載されている.なお,各列車の詳細については,「主な列車のダイヤ変更内容」に掲載されている.

写真はイメージです.