東京メトロ,有楽町線・南北線延伸区間の鉄道事業許可を申請

東京メトロ17000系

写真:東京地下鉄17000系  編集部撮影  新木場車両基地にて  2020-8-11(取材協力:東京地下鉄)

東京メトロ9000系5次車

写真:東京地下鉄9000系5次車  編集部撮影  綾瀬検車区にて  2009-2-4(取材協力:東京地下鉄)

東京地下鉄(東京メトロ)は,有楽町線と南北線でそれぞれ計画している延伸について,計画区間の鉄道事業許可を国土交通大臣に申請したと発表した.

東京メトロ,有楽町線・南北線延伸区間の鉄道事業許可を申請

 有楽町線の延伸区間は,豊洲—住吉間の4.8kmで,豊洲周辺を含む臨海地域は,国と東京都により,特定都市再生緊急整備地域や国際戦略総合特区のアジアヘッドクォーター特区に位置づけられており,近年多くの再開発が進展している.
 また,臨海地域と都区部東部の観光拠点などとのアクセス利便性の向上や地域のまちづくりの面での効果が期待されるとともに,東西線の混雑緩和にも寄与するとしており,総建設費約2690億円となる予定.
 南北線の延伸区間は,品川—白金高輪間の2.5kmで,品川駅周辺は,リニア中央新幹線の整備を契機に,東京と国内外の広域的な交通結節点として期待され,新たな国際競争力強化の拠点として,多様な機能が集積する再開発エリアとなる.
 また,品川駅で山手線,東海道本線などのJR東日本主要幹線,羽田空港に連絡する京急線,東海道新幹線と接続し,六本木・赤坂などとの都心部のアクセス利便性向上に寄与するとしている.総建設費約1310億円となる予定.開業目標はいずれも2030年代半ばとしている.
 なお,総建設費,開業目標などについては,鉄道事業許可の申請にあたり東京メトロで取りまとめた現時点の内容であり,今後の検討や関係機関との協議などにより,変更となる可能性がある.

特記以外の画像は東京メトロ提供
※新駅の名称は仮称