相鉄20000系20107編成が甲種輸送される

相鉄20000系20107編成が甲種輸送される

2022(令和4)年1月22日(土)から23日(日)にかけて,相鉄20000系20107編成が相模貨物から綾瀬まで甲種輸送されました.相模貨物—新鶴見(信)間のけん引機は,新鶴見機関区所属のEF210-110でした.
 同編成は,5両ずつに分割し,1月18日(火)と20日(木)に厚木から相模貨物へ甲種輸送されていました.
 今後,東京メトロなどで試運転が行なわれるものと思われます.

写真:戸塚—東戸塚間にて 2022-1-22
投稿:大久保 昌信