箱根登山鉄道,3月12日にダイヤ改正を実施

箱根登山鉄道3000形「アレグラ(ALLEGRA)号」

写真:箱根登山鉄道3000形「アレグラ(ALLEGRA)号」  編集部撮影  入生田検車区にて  2014-4-14(取材協力:箱根登山鉄道)

箱根登山鉄道は,2022(令和4)年3月12日(土)にダイヤ改正を実施すると発表した.
 今回の改正では,引き続き,鉄道工事を取り巻く環境変化や利用動向を踏まえ,鉄道メンテナンス体制の持続性を高めることを目的とした内容とする.鉄道線では平日・土休日ダイヤともに小田原—箱根湯本間の始発列車の時刻を20分程度繰り下げるとともに,終電の時刻を30分程度繰り上げる.また,日中時間の運転本数を見直し,1時間あたり上下8本から6本に変更する.特急ロマンスカーについては,小田原—箱根湯本間の運転本数を見直し.平日は上下合計48本から34本に,土休日は上下合計60本から47本に,それぞれ変更する.
 箱根湯本—強羅間では,朝方(7時〜8時台)の運転本数を2本,夕方(17時〜18時台)の運転本数を2本それぞれ減便する.こちらは,始発・最終列車の時刻は変更されない.
 箱根登山ケーブルカーは,一部列車の時刻を変更するが,最終・始発列車の時刻は変更されない.
 このほか,運転時刻を変更する列車があり,改正後の各駅時刻表については,2022(令和4)年3月上旬を目安に箱根ナビWEBサイトに順次掲載される.

写真はイメージです.