水島臨海鉄道で赤11号と水島臨海鉄道色のキハ37形の2連が運転される

access_time
2021年12月28日掲載
水島臨海鉄道で赤11号と水島臨海鉄道色のキハ37形の2連が運転される

水島臨海鉄道では,朝,夕の通勤通学時間帯に,キハ37 103(新首都圏色・赤11号)+キハ37 102(水島臨海鉄道色)の2両編成が運転されています.
 同社公式WEBサイトによると,この編成は,2021(令和3)年12月28日(火)まで運転される予定となっています.なお,2021(令和3)年12月30日(木)から2022(令和4)年1月3日(月)までの期間は,『年末年始特別運行』として,キハ37 103とキハ30 100(国鉄気動車一般色)の2両編成が運転される予定(上り・水島13時51分発,下り・倉敷市14時27分発)となっています.

写真:三菱自工前にて 2021-12-27
投稿:志摩 敬