鉄道ファン2024年8月号(通巻760号)
『鉄道ファン』2024年8月号
2024年6月20日発売
特別定価1350円(税込)
鉄道ファン2024年8月号
2024年6月20日発売
特別定価1350円(税込)
鉄道ファン2024年8月号(通巻760号)
特集 地下鉄最新事情2024
目次を見る
アンケートdeプレゼント

近鉄,大晦日の終夜運転など年末年始の運転計画を発表

近畿日本鉄道80000系「ひのとり」

写真:近畿日本鉄道80000系「ひのとり」  編集部撮影  高安検車区青山町車庫にて  2020-2-3(取材協力:近畿日本鉄道)

近畿日本鉄道は,年末年始の運転計画について発表した.
 2021(令和3)年12月30日(木)から2022(令和4)年1月3日(月)までの間は,土・休日ダイヤで運転する.
 大晦日から元日にかけての終夜運転は,一部路線を除いて行ない,終夜運転では初めて80000系「ひのとり」を使用した臨時特急列車を,大阪・名古屋から伊勢方面に各3往復運転する.また,生駒ケーブル,西信貴ケーブル,葛城山ロープウェイでも臨時便(111往復)を運転する.
 大阪地区では,大晦日に臨時特急列車(大阪難波—宇治山田・五十鈴川間)を計4本,大晦日から元旦にかけての臨時列車・運転区間延長列車を計224本運転する.名古屋地区では,臨時列車・運転区間延長列車を計41本運転する.
 また,1月1日(土祝)から10日(月祝)までの土休日には,臨時列車・運転区間延長列車を,大阪地区で計60本,名古屋地区で計63本運転する.
 このうち,大阪上本町—信貴山口間では,元日から3日(月)までの間,「信貴山朝護孫子寺」への利便性向上のため,臨時準急列車を各日3本運転するほか,寅のイラスト入りの行先表示板を3本のうち1本に掲出する.また同期間,南大阪線・吉野線では,臨時列車(特急・急行)を計78本運転する.
 詳しくは,近畿日本鉄道ニュースリリース(PDFファイル)に掲載されている.

写真はイメージです.

このページを
シェアする