日豊本線などでマヤ34形による検測が行なわれる

access_time
2021年11月29日掲載
日豊本線などでマヤ34形による検測が行なわれる

JR九州では,2021(令和3)年11月28日(日),日豊本線などでマヤ34形による検測が行なわれました.
 当日は早朝に小倉—下関間を1往復検測したあと,日豊本線の小倉から大分までを検測しています.編成は,鹿児島方からDE10 1638+マヤ34 2009+DE10 1753のプッシュプル編成でした.
 現在,大分地区ではDD200形700番台の走行試験が行なわれており,マヤ検測の編成に今後変化が見られるのか注目されそうです.

写真:柳ヶ浦—豊前長洲間にて 2021-11-28
投稿:堀江 亮