783系による団臨運転

access_time
2021年11月28日掲載
783系による団臨運転

2021(令和3)年11月26日(金)から27日(土)にかけて,783系を使用した団体臨時列車が博多—南宮崎間で運転されました.
 JR九州が企画・実施した『783系ハイパーサルーンで行くリバイバルドリームにちりんツアー』によるもので,1993(平成5)年3月から2011(平成23)年3月まで運転された特急“ドリームにちりん”を再現し,往路は夜行運転,復路は昼行運転となりました.
 使用車両は,南福岡車両区所属のCm2編成で,“ドリームにちりん”の営業開始時と同じ博多—南宮崎間を走破しました.また,大分駅では,発車案内に“ドリームにちりん”の表示を掲出する演出も行なわれ,現役当時さながらの光景が展開されました.

写真:鶴崎—高城間にて 2021-11-27
投稿:麻生 航太郎