西武秩父駅で,箱入りスティック粉末茶「Chabacco」を発売

西武秩父駅で,箱入りスティック粉末茶「Chabacco」を発売

▲通常パッケージ

西武秩父駅で,箱入りスティック粉末茶「Chabacco」を発売

▲特別パッケージ

西武ホールディングスではクラフト・ティーとの協業により,箱入りスティック粉末茶「Chabacco(チャバコ)」を,2021(令和3)年11月26日(金)12時から西武秩父駅で発売します.
 「Chabacco」は,タバコを模した箱に,お茶の粉末スティックを入れた商品で,使用されなくなったタバコの自動販売機を利活用し販売しています.西武線沿線で4ヵ所目となる今回は,秩父地域にかつて生息していた「オオカミ」(通常パッケージ)と10000系「レッドアロークラシック」(特別パッケージ)をモチーフとしたパッケージとなっています.

西武鉄道株式会社商品化許諾済
※画像はいずれも西武ホールディングスニュースリリースから

内容 ●タバコサイズの箱に,狭山茶を使用した粉末茶が8本入っています(スティックタイプ).
●通常パッケージは秩父地域にかつて生息していた「オオカミ」を,また特別パッケージでは,日本二百名山の一つに数えられている秩父のシンボル「武甲山」をバックに,10000系「レッドアロークラシック」をモチーフとしたデザインを採用しています.
※特別パッケージは2000個が販売されます.
※むかしから田畑を荒らす鹿や猪を退治してくれるオオカミは,神様としてまつられています.神の使いである動物=眷属(けんぞく)としてオオカミをまつっている神社が秩父エリアには多数あり,その信仰は現在もなお続いています.
価格 1箱各600円(税込)
発売開始日時 2021(令和3)年11月26日(金)12時
発売場所など 西武秩父線 西武秩父駅(改札内)
ご案内 西武秩父駅での「Chabacco」販売開始について(西武ホールディングスニュースリリース,PDFファイル)