JR東海,315系の営業運転開始は2022年3月5日に
〜中央本線 名古屋—中津川間に導入〜

access_time
2021年11月17日掲載
JR東海,315系の営業運転開始は2022年3月5日に

▲315系エクステリア

JR東海は,在来線通勤形車両「315系」の運転開始日を,2022(令和4)年3月5日(土)に決定したと発表した.

JR東海,315系の営業運転開始は2022年3月5日に

▲315系インテリア

 導入されるのは,中央本線 名古屋—中津川間で,同区間を走る車両については,2023(令和5)年度中に,特急形車両を除いて315系に統一する.また国鉄から継承した車両(211系8両)については,2022(令和4)年3月中の引退を発表しており,JR東海が保有するすべての車両が会社発足以降に新製された車両となる.
 315系はモータを駆動する電力変換装置にSiC素子を導入し,211系と比較して電力消費量を約35%低減するなど,環境負荷の低減を図っている.このほか,安全性・安定性のさらなる向上やバリアフリー設備の充実やセキュリティの強化,さらにAIを活用した冷房機能の向上や座り心地の向上などにより,「優しく安心感のある快適な移動空間」を提供する車両としている.

写真はいずれもJR東海ニュースリリースから