JR九州,西九州エリアに新たなD&S列車「ふたつ星4047」を導入

JR九州,西九州エリアに新たなD&S列車「ふたつ星4047」を導入

JR九州では,2022(令和4)年秋の西九州新幹線開業にあわせて,新たなD&S列車「ふたつ星4047(ふたつぼし よんまるよんなな)」を導入すると発表した.
 列車名は,佐賀県,長崎県という九州の観光における“ふたつの星”を,キハ40・キハ47形で巡りながら,西九州エリアの魅力を多くの方に感じてもらいたいという想いが込められている.
 コンセプトは「西九州の海めぐり列車」で,列車に乗って,沿線に広がる有明海や大村湾の変化に富んだ海の車窓と,海がもたらす地域のおいしいものを楽しめるようにする.また,西九州新幹線と組み合わせて利用することで,自分だけの自由な旅を創り上げることができ,その日,その時だけの楽しさが無限大に広がる旅を提案する.
 運転区間は,午前発を武雄温泉→長崎(長崎本線経由),午後発を長崎→武雄温泉(大村線経由)とし,2ルートで西九州エリアを1周する.内陸の山を走る西九州新幹線に対して,「ふたつ星4047」は,海に面したルートを走行する.目的地にあわせてルートを選択でき,車窓からは季節や時間によって変化する,ふたつの「海」の表情を楽しめる.運転日は土日祝日を中心とし,各ルート3時間程度で1日1本運転する.
 おもな区間の乗車料金は,武雄温泉→長崎間が4180円(運賃1850円+特急料金2330円),肥前山口→長崎間が3410円(運賃1680円+特急料金1730円),長崎→ハウステンボス間が3030円(運賃1500円+特急料金1530円),長崎→武雄温泉間が4500円(運賃2170円+特急料金2330円)を予定している.
 なお,車両デザイン・運転時刻・運転日・停車駅・車内サービス概要などについては,詳細が決まり次第,順次発表される.

画像:「ふたつ星4047」運転区間(青色:午前発,赤色:午後発)
画像はJR九州ニュースリリースから