名鉄,列車運行情報提供サービスを10月30日から拡充

名鉄,列車運行情報提供サービスを10月30日から拡充

▲列車運行情報案内のイメージ(左:PC向け画面/右:スマホ向け画面)

名古屋鉄道は,2021(令和3)年10月30日(土)の始発から,公式WEBサイトやスマホ向けアプリ「名鉄touch」に掲載される列車運行情報の内容を拡充すると発表した.

名鉄,列車運行情報提供サービスを10月30日から拡充

▲列車走行位置情報のスマホ向け画面イメージ(左:列車走行位置走行画面/右:列車詳細情報画面)

 これは,名鉄グループ中期経営計画「Turn-Over2023 〜反転攻勢に向けて〜」(2021〜2023年度)の重点テーマに掲げる「DXの推進」において,「名鉄グループ沿線・地域(愛知県・岐阜県中心)で日常的に利用いただけるお客さまを対象に地域の交通・生活・観光サービスを繋ぎ,シームレスでストレスフリーな移動の実現」の一環として取り組むもの.
 これまで,文字のみで案内されていた列車運行情報については,路線図を活用した視覚的に分かりやすい案内に切り替える.運転見合せや遅延が発生している区間が色付きで表示されるほか,発生事象・理由を一覧形式で確認ができる.
 また,WEBサイト・アプリ上で列車の走行位置情報を確認できるサービスも開始する.WEBサイト上に表示されている列車のアイコンをクリックすると,列車ごとの停車駅や各駅の定時着発時刻などが確認できる.また,遅れが発生している列車については,遅延時分を表示する.

※画像はいずれも名古屋鉄道ニュースリリースから