阪神武庫川線で先端技術を活用した実証実験を実施

阪神電気鉄道5500系(武庫川線用)

写真:阪神電気鉄道5500系(武庫川線用)  編集部撮影  尼崎車庫にて  2020-3-17(取材協力:阪神電気鉄道)

阪神電気鉄道は,アイテック阪急阪神,ベイ・コミュニケーションズ,阪神ケーブルエンジニアリングとともに,画像解析AIやローカル5G,高速無線通信の一種である「地域BWA」を活用した実証実験を,2021(令和3)年10月25日(月)から武庫川線で開始すると発表した.

阪神武庫川線で先端技術を活用した実証実験を実施

▲実験イメージ

 これは,踏切・ホームなどのさらなる安全性の向上や,設備点検業務の省力化を目指して実施するもので,よりコンパクトな鉄道運営を実現するため,先端技術の活用検討に着手する.
 実験は,武庫川線 東鳴尾駅の踏切や,武庫川駅ホーム,営業運転中の車両内を中心に,画像解析AIとローカル5Gによる異常検知などの実用可能性について検証する.あわせて,カメラ映像やAI解析結果を伝送する通信基盤として,ローカル5Gに加え,既存の地域BWAで比較検討を行なうことで,より最適な通信方式を検証する.ローカル5Gについては,実験試験局として武庫川線沿線を広くカバーすることで,将来の鉄道環境における広域利用を見据えた検証も実施する.なお,実験では指令員や乗務員直接通知することはなく,模擬環境下で検証を行なう.
 実証実験は,2022(令和4)年2月末日までの予定で,実験による基礎的な検証を行なったあとも,実用化に向けて段階的に検証を進め,既存システムとの連携や検証線区の拡大などを検討する.

一部の画像は阪神電気鉄道提供