九州鉄道記念館「キハ42055」が国の重要文化財に指定へ

access_time
2021年10月16日掲載
九州鉄道記念館「キハ42055」が国の重要文化財に指定へ

JR九州が所有し,九州鉄道記念館(福岡県北九州市)で開館当時から展示されている「キハ42055号気動車」(キハ07形41号気動車)が,このほど国の文化審議会の答申を受け,重要文化財に指定されることとなった.九州に存在する鉄道車両としては初めての指定で,また気動車としては日本で初めての指定となる.

九州鉄道記念館「キハ42055」が国の重要文化財に指定へ

 キハ42055は戦前の代表的な機械式(クラッチで変速する方式)気動車で,連結運転時は双方の運転士が合図しながら走行していた.1952(昭和27)年にはガソリンエンジンをディーゼルエンジンに変更しており,中央2枚が大きい6枚窓と大きな曲面を描く独特の前面が特徴となっている.
 文化財としては,車体や内装の多くに製造時の姿をとどめ,昭和初期の旅客車の現存例として重要である点や,機械式の変速装置が残っている唯一の同形車両である点,車体の大形化と軽量化,ガソリン機関の出力向上と運行速度の高速化,車両の国産化と標準化を達成し,日本の気動車の技術発達史を俯瞰するうえで貴重であり,鉄道史,社会・経済史,科学技術上において重要である点などが評価された.

写真はいずれもJR九州提供