JR九州,「36ぷらす3」オリジナルデザインの特撰梅酒「3+9=12」を発売

access_time
2021年10月14日掲載
JR九州,「36ぷらす3」オリジナルデザインの特撰梅酒「3+9=12」を発売

JR九州では,D&S列車「36ぷらす3」の運転開始1周年を記念して,オリジナルラベル・箱を使用した,車内限定の特撰梅酒「3+9=12」を,2021(令和3)年10月14日(木)から発売します.

※写真:JR九州ニュースリリースから

商品名 「3+9=12」(さんぷらすきゅういこーるじゅうに)
ポイント ●梅の収穫から製造,購入者の手元に届くまで3年かかります.「36ぷらす3」オリジナル梅酒は,その3年に加え,「9年」特別貯蔵を行なっており,商品名の由来となりました.
●ラベル・桐箱のデザインは,水戸岡鋭治氏が監修しています.
仕様 ●内容量...275ml
●製造元
・特撰梅酒...山口酒造場(福岡県久留米市)
・桐箱...増田桐箱店(福岡県古賀市)
発売価格 3900円(税込)
発売開始日 2021(令和3)年10月14日(木)
発売場所 「36ぷらす3」車内
ご案内 「36ぷらす3」オリジナルデザインの特撰梅酒「3+9=12」の発売について(JR九州ニュースリリース,PDFファイル)