青梅線 拝島駅で11月13日から15日にかけて線路切換工事を実施
〜一部列車の時刻を変更〜

JR東日本E233系0番台

写真:JR東日本E233系0番台  編集部撮影  豊田車両センターにて  2019-5-24(取材協力:JR東日本)

JR東日本八王子支社は,2021(令和3)年11月13日(土)0時ごろから15日(月)6時ごろまでの間,拝島駅の線路切換工事を実施すると発表した.

 これは,2023(令和5)年度末に予定されている中央快速線などのグリーン車サービス開始に向けて,ホーム延伸工事の一環として実施するもの.工事では拝島駅五日市線ホーム(1番線)を延伸するため,五日市線の線路(約120m)の配線変更などや同ホームの拡幅工事(約35m,最大拡幅量約60cm)を実施する.
 上記の工事にともなう列車の運休や,ほかの交通機関への振替輸送などは実施しないが,11月13日(土)・14日(日)は,拝島駅での着発番線変更と,青梅線(立川—青梅間)・五日市線(拝島—武蔵五日市間)・八高線(八王子—高麗川間)の運転時刻を変更する.工事期間のダイヤについては,決定次第,JR東日本のページに掲載される.
 またホーム拡幅工事に関連し,上記の2日間は拝島駅五日市線ホーム(1番線)の列車停止位置を,武蔵五日市側に変更する.なお天候など,やむを得ない事情により工事が実施できない場合は,11月27日(土)から29日(月)に延期する.詳しくは,JR東日本ニュースリリースに掲載されている.