名鉄,10月30日にダイヤ改正を実施

名古屋鉄道 6000系

写真:名古屋鉄道6000系  松本洋一撮影  新鵜沼—犬山遊園間にて  2019-9-5

名古屋鉄道は,2021(令和3)年10月30日(土)にダイヤ改正を実施すると発表した.

 今回の改正は,新型コロナウイルスの影響による旅客需要減少に対応するためとしており,豊川線・尾西線・各務原線では,昼間帯の運転本数の見直しや一部運転区間の変更などを実施する.また,名古屋本線・竹鼻線・羽島線・豊川線・広見線では,深夜帯の普通列車の運転本数の見直しと一部運転区間の変更を実施する.

名古屋鉄道 4000系

写真:名古屋鉄道4000系  編集部撮影  尾張旭検車区にて  2008-8-24(取材協力:名古屋鉄道)

 瀬戸線(栄町—尾張瀬戸間)では,10時〜15時台までの1時間あたりに運転する列車種別について,現行の準急2本・普通4本から,改正後は普通6本に変更し運転間隔を均一化する.これにより,普通停車駅である清水・尼ケ坂・森下・矢田・守山自衛隊前・瓢箪山の6駅では,1時間あたりの停車列車が4本から6本に増加する.
 なお,今後,旅客需要が回復局面にあると判断した場合は,柔軟にダイヤの再構築を図るとしている.詳しい変更区間・本数については,名古屋鉄道のニュースリリース(PDFファイル)に掲載されている,

写真はいずれもイメージです.