四日市あすなろう鉄道,8月21日から交通系ICカードに対応

四日市あすなろう鉄道,8月21日から交通系ICカードに対応

四日市あすなろう鉄道では,2021(令和3)年8月21日(土)の始発から,ICOCAなどの交通系ICカードへの対応を開始すると発表した.
 利用可能となるのは,ICOCA・PiTaPaのほか,全国相互利用対象のICカード乗車券(Kitaca・PASMO・Suica・TOICA・manaca(マナカ)・はやかけん・nimoca・SUGOCA)で,モバイルSuica・モバイルPASMOも対応する.利用可能エリアは内部線・八王子線の全線で,各駅に設置されたIC改札機に入場時・出場時にタッチする.
 また,交通系ICカードとIC定期券の販売についても,あすなろう四日市駅において同日から開始する.IC定期乗車券については,近畿日本鉄道などのICOCA定期券と,四日市あすなろう鉄道ICOCA定期券を1枚にまとめることができる.
 すでにICOCAを利用している場合は,デポジット(500円)不要とし,定期代のみで定期券を購入できる.なお,四日市あすなろう鉄道ICOCA定期券は,ICOCAやSMART ICOCAに加えKIPS ICOCAへの付加が可能で,TOICAやPiTaPaなどほかの交通系ICカードは対象外となる.

画像:四日市あすなろう鉄道WEBサイトから