×

小田急百貨店,2022年9月末(予定)をもって新宿店本館での営業を終了
〜10月以降,新宿西口ハルクを改装して営業を継続〜

小田急百貨店,2022年9月末(予定)をもって新宿店本館での営業を終了

▲新宿店本館外観(左は新宿西口ハルク)

小田急グループの小田急百貨店は,2022(令和4)年9月末(予定)をもって,新宿店本館での営業を終了し,以降,新宿店は新宿西口ハルクにて営業を継続すると発表した.

 これは,小田急電鉄が東京地下鉄(東京メトロ)などと共同で進める,「新宿駅西口地区開発計画」の進ちょくによるもの.新宿店本館は,小田急線と丸ノ内線の2棟の駅ビルの外観が同一のパネルにより統一された商業建造物で,デザインモダニズム建築家の板倉準三氏が担当し,1967(昭和42)年に,西口広場と一体化したデザインで全面開業した.
 新宿駅西口の象徴的な建造物として,50年以上にわたり親しまれてきたが,上記の再開発にともない解体が決定した.2022(令和4)年10月(予定)以降の工事期間中は,隣接する新宿西口ハルクで営業し,それに向けた改装工事に2022(令和4)年春ごろから着手する.改装後は,食品・化粧品・インターナショナルブティックを中心とした構成となる予定で,そのほかの売場を含めたフロア構成などの詳細は,決まり次第発表される.

小田急百貨店,2022年9月末(予定)をもって新宿店本館での営業を終了

▲計画建物イメージパース(西側から計画建物を望む)

 新宿店本館跡地には,新宿グランドターミナルの一体的な再編を象徴する大規模開発として,地上48階,高さ約260mの超高層ビルの建設が計画されており,2022(令和4)年10月(予定)以降に着工し,2029(令和11)年度の竣工が予定されている.

写真・画像はいずれも小田急百貨店のニュースリリースから