JR四国,ラッピング列車「鬼列車」を7月4日から運転

JR四国,ラッピング列車「鬼列車」を7月4日から運転

愛媛県鬼北町とJR四国では,ラッピング列車「鬼列車」を,2021(令和3)年7月4日(日)から運転すると発表した.
 鬼北町では,全国の地方公共団体で唯一「鬼」の文字が入る自治体であることから,2013(平成25)年度から「鬼のまちづくり」を推進・展開しており,ラッピング列車は町や愛媛県南予地域の魅力を発信するとともに,予土線を中心とした鉄道の利用促進を目的に運転する.ラッピングはキハ32形1両に施し,「鬼のまちづくり」のシンボルである「鬼王丸」を活かした,鬼北町らしいインパクトあるデザインとする.
 列車はおもに予讃線松山—宇和島間と,予土線宇和島—窪川間で運転する普通列車に充当される.運転時刻の詳細は,JR四国のニュースリリース(PDFファイル)に記載されている.
 このほか,予土線限定のサービスとして,ARアプリを活用したスマホ向けサービスを実施する.なお,運転期間は約2年間としている.

©竹谷隆之/鬼北町
画像はJR四国のニュースリリースから