×

特急“ゆふ”が3両に増結される

access_time
2021年5月3日掲載
特急“ゆふ”が3両に増結される

JR九州では,2021(令和3)年4月30日(金)から,久大本線の特急“ゆふ”が2両から3両に増結されて運転されています.
 今回は,キハ186形を連結して3両編成となっており,2021年3月のダイヤ改正以降でキハ186形が使用されるのは,4月21日(水)から23日(金)に運転された“ゆふ”73・74号に続いて2回目です.
 4月30日(金)は,大分始発の“ゆふ”2号の運用から3両になっており,博多始発の“ゆふ”1号からの運用については,翌日5月1日(土)から3両編成となっています.
 今回の特急“ゆふ”の3両運転は,ゴールデンウィーク期間中の5月5日(水祝)までの予定で,翌日より順次,元の2両に戻されるようです.

写真:由布院—南由布間にて 2021-4-30
投稿:麻生 航太郎