×

「YOKOHAMA AIR CABIN」が4月22日に開業

access_time
2021年4月19日掲載
「YOKOHAMA AIR CABIN」が4月22日に開業

横浜市では,「YOKOHAMA AIR CABIN」が2021(令和3)年4月22日(木)に開業する.

 このロープウェイは,横浜市の都心臨海部において,移動自体が楽しく感じられるような多彩な交通サービスの充実に向け,2017(平成29)年度に実施された「まちを楽しむ多彩な交通の充実」についての公募に対して提案が行なわれたもので,常設都市形ロープウェイは日本で初めてのものとなる.運営は,みなとみらい地区にある都市形遊園地を運営する泉陽興業が担っている.

「YOKOHAMA AIR CABIN」が4月22日に開業

 桜木町駅前と運河パークの間,約630mを結び,8人乗りのゴンドラ36台で運転される.所要時間は約5分で,最高高さは約40m.運賃は,大人1000円,子ども500円となっている.

「YOKOHAMA AIR CABIN」が4月22日に開業

 ゴンドラは,すべてバリアフリーに対応したもので,空気の自然循環による換気システム,さらに最新式バッテリーによる冷房システムや各種安全監視システム,フルカラーLEDによる演出照明など最先端の機能が備えられている.

「YOKOHAMA AIR CABIN」が4月22日に開業

 「桜木町駅」は根岸線桜木町駅の東側にあり,よこはまコスモワールドやワールドポーターズ,ハンマーヘッド,赤レンガ倉庫や,明治期に開業した臨港鉄道の廃線跡を転用した遊歩道「汽車道」を見下ろすことができる.

写真はいずれも大沼一英撮影(取材協力:泉陽興業)