×

JR北海道,札沼線の新駅を「ロイズタウン」に決定
〜石狩太美・石狩当別の2駅も改称へ〜

access_time
2021年4月15日掲載
JR北海道,札沼線の新駅を「ロイズタウン」に決定

JR北海道は,当別町と株式会社ロイズコンフェクトによる請願駅として,札沼線のあいの里公園—石狩太美間に設置する新駅について,駅の名称を「ロイズタウン」に決定したと発表した.

JR北海道,札沼線の新駅を「ロイズタウン」に決定

 新駅は,1面1線の無人駅で,6両対応のホームと待合室,スロープを設置する.また駅前広場は当別町が担当し,バス・タクシー・一般車の乗降場や,パーク&ライド駐車場,駐輪場,トイレを整備する.開業は2022(令和4)年春を予定し,駅ナンバリングは「G11-1」とする.

JR北海道,札沼線の新駅を「ロイズタウン」に決定

 また,当別町から要望を受け,札沼線の石狩太美,石狩当別の駅名称を,それぞれ「太美」,「当別」に変更する.名称変更は,上記のロイズタウン駅の開業にあわせ,2022(令和4)年春に実施する予定.なお,駅ナンバリングの変更は行なわない.さらに石狩太美駅については,駅舎へのスロープ整備や,1番線ホーム側にも待合室・スロープを設置する.完成はロイズタウン駅の開業前を予定している.

画像はいずれもJR北海道のニュースリリースから