×

H100形,旭川・苫小牧地区で営業運転開始

H100形,旭川・苫小牧地区で運用開始

JR北海道では,2021(令和3)年3月13日(土)にダイヤ改正が行なわれ,H100形が旭川地区および苫小牧地区で営業運転を開始しました.室蘭本線東室蘭—長万部間のすべてと,室蘭本線苫小牧—室蘭間,宗谷本線旭川—名寄間の大半の普通列車がH100形に置き換えられました.また,石北本線旭川—上川間の普通列車のうち,朝方の上川発旭川行き2本(うち1本は休日運休)もH100形に置き換えられました.
 両地区ではまだ日高本線や石北本線などで運用されるキハ40形の姿を見ることができますが,H100形が増備されると見られなくなるものと思われます.

写真:東旭川にて 2021-3-14
投稿:貞森 俊宏