東急・JR北海道 「THE ROYAL EXPRESS〜HOKKAIDO CRUISE TRAIN〜」2021年の旅行プランを決定

「THE ROYAL EXPRESS〜HOKKAIDO CRUISE TRAIN〜」2021年の旅行プランを決定

東急株式会社とJR北海道は,「THE ROYAL EXPRESS〜HOKKAIDO CRUISE TRAIN〜」ついて,2021(令和3)年の旅行プランを決定したと発表した.

 2021(令和3)年は,8月13日(金)から9月27日(月)までの期間,定員15組30名で計7回運行する.2020(令和2)年と同じく,北海道の雄大な自然に代表される観光資源や,大地に根ざした人々とのふれあいを通じて,記憶に残るオンリーワンの列車旅を提供する.
 プラン内容は,新たな料理人が加わるなど一部に変更があるものの,2020(令和2)年のルート(3泊4日)を基本とする.札幌を出発後は,帯広・十勝,釧路・知床,オホーツク・北見,旭川・美瑛・富良野の4エリアを巡り,各エリアの大自然や歴史・文化,大地の恵みである食,車窓からの世界に誇る絶景など,北海道の持つ魅力や観光資源を,ヴァイオリンの生演奏とともに満喫できる.

「THE ROYAL EXPRESS〜HOKKAIDO CRUISE TRAIN〜」2021年の旅行プランを決定

 さらに今回は,北海道を代表する魅力的なエリアのひとつである小樽エリアを新たに加え,9月24日(金)発のコースにおいて,小樽エリアでの前泊が選択できる「銀鱗荘でのプレミアムな一刻」プラン(4泊5日)を3組限定で設定する.これは,列車プランの旅の前日(9月23日)に小樽の特別観光を楽しんだあと,小樽の名宿「銀鱗荘」で過ごすプランとなる.
 いずれも販売方法は,専用WEBサイト・郵送での申込受付後,抽選を行なう.旅行代金は,3泊4日プランが1名あたり税込73万円(2名1室利用),「銀鱗荘でのプレミアムな一刻」プランが1名あたり税込86万5千円(2名1室利用)とする.
 なお,安心して旅を楽しんでもらうため,新型コロナウイルス感染防止の対策を講じて運転する.

写真はいずれも東急株式会社提供