×

西武「52席の至福」,2021年4月から6月までの監修シェフとメニューを決定
〜4月23日・30日には「ちちぶ乾杯共和国トレイン」第3弾を運転〜

access_time
2021年3月10日掲載
西武 旅するレストラン 「52席の至福」

写真:西武 旅するレストラン 「52席の至福」  編集部撮影  2016-4-14

西武鉄道は,全席レストラン車両の『西武 旅するレストラン「52席の至福」』(以下「52席の至福」)について,2021(令和3)年4月から6月期の運転概要を発表した.

 4月から6月期の料理については,東京ミッドタウン日比谷「morceau(モルソー)」のオーナーシェフを務める秋元さくら氏(ブランチコース)と,「La paix(ラぺ)」オーナーシェフを務める松本一平氏(ディナーコース)の2名が監修する.
 ブランチコースでは,前菜4品や魚料理「鰆のスモーク」「トマトのクスクス」など4品,肉料理「牛フィレ肉のロースト」「味噌ポテト風グラタンドゥフィノワ」など4品のほか,デザートとして「柑橘たっぷりのピューレ」「バジルのブランマンジェ」など4品が提供される.ディナーコースでは,前菜「52席の至福オリジナルアミューズ」やオードブル,魚料理「桜鱒のポワレ」など3品,肉料理「国産牛頬肉のマデラ煮込み黒七味の香り貫井園の原木椎茸添え」のほか,デザートとして「季節のフルーツとマスカルポーネムース」「ライチのジュレ」が提供される.
 また,「ちちぶ乾杯共和国トレイン」の第3弾として,「52席の至福 ちちぶ乾杯共和国トレイン with 芝桜」を4月23日(金)と4月30日(金)に運転する.4月23日(金)は,西武新宿発→西武秩父着のアーリーランチ,西武秩父発→西武新宿着のレイトランチの2コース,4月30日は池袋駅発→西武秩父駅着のアーリーランチ,西武秩父駅発→西武新宿駅着のレイトランチの2コースをそれぞれ運転する.
 各コースでは秩父の日本酒3種の飲み比べができるほか,今回の企画限定で「わらじかつ」や「みそポテト」などの秩父ご当地グルメをふんだんに使用した特製秩父おつまみ重と,芝桜をイメージしたデザートが楽しめる.さらに,秩父羊山公園「芝桜の丘」入園券と「西武秩父駅前温泉祭の湯」入場券が付き,車内では三味線演奏家によるミニコンサートも予定されている.
 各コースの旅行代金は1名税込12000円で,申込みは,「52席の至福」専用WEBサイトまたは「ポケカルお客様センター」(電話:03-5652-7072)で受け付けている.

写真はイメージです.