×

伯備線で普通列車を活用した荷物輸送の実証実験を実施

access_time
2021年1月27日掲載
伯備線で普通列車を活用した荷物輸送の実証実験を実施

JR西日本岡山支社は,2021(令和3)年1月29日(金)から,伯備線の普通列車を活用した荷物輸送の実証実験を実施すると発表した.

 岡山支社では,岡山・備後エリアの産品の魅力を,国内外に広く発信する取組である「ふるさとおこしプロジェクト」を進めており,その一環として,同エリアの産品を列車に積載し,運送先で販売を行なう荷物輸送を検討している.実証実験はその本格導入に向け,晴れの国岡山農業協同組合(JA晴れの国岡山)・ヤマト運輸の連携のもと,貨物積載と駅構内運送のオペレーション確認や,列車内での安全性・乗客の利便性の確認を目的とする.
 対象列車は,備中高梁14:27発→岡山15:19着の定期列車で,荷物は列車内客室スペースに積載する予定.実験内容・回数,終了時期については結果を踏まえて検討する.
 また,今回の実験では配送ボックスのみによる実験を行なう.次回は,地域と連携した農産品輸送と販売の実験を行ない,駅での農産品販売ニーズについても調査する予定.

画像はJR西日本のニュースリリースから