×

宇都宮ライトレール,開業時期を2023年3月に延期へ

access_time
2021年1月27日掲載
宇都宮ライトレール,開業時期を2023年3月に延期へ

▲導入する車両のイメージ

宇都宮市は,芳賀・宇都宮LRT事業(宇都宮ライトレール)の開業時期について,2023(令和5)年3月に延期すると発表した.

 2020(令和2)年12月末現在,宇都宮市域における事業用地については,事業面積全体の約95%を取得するとともに,工事については,鬼怒川橋りょう工事や軌道工事を実施するなど,整備区間の約80%で実施しているものの,残りの約20%が未着手となっている.

宇都宮ライトレール,開業時期を2023年3月に延期へ

▲監視カメラやスピーカーが設置される停留所のイメージ

 これまで,事業用地の引渡しが完了した場所から順次,各種工事に着手するなど,開業時期への影響がないよう工事工程を工夫しながら進めてきたが,新型コロナウイルス感染症の影響などにより,事業用地の取得に時間を要しており,当初の目標である2022(令和4)年3月の開業が困難な状況であると判断した.
 未取得の事業用地については,引き続き早期取得に努めるとしながらも,今後1年程度の期間を要するものと想定されることから,開業時期については1年程度遅れる見込みとした.今後は,2023(令和5)年3月の開業を目指し,道路改良工事や軌道工事などの各種工事を進める.
 また,導入する車両については,2020(令和2)年度から車両製造に着手し,同年度末を目途に1編成目の納入を目指してきたが,新型コロナウイルス感染症の影響により,一部の外国製部品の調達が遅れているため,1編成目の納入時期が2ヵ月程度遅れる見通しとしている.

画像はいずれも宇都宮市のページから