×

JR北海道,トマム駅発で「QRコード乗車駅証明書」による自動精算サービスを開始

JR北海道 キハ261系

写真:JR北海道キハ261系 加藤 勝撮影

JR北海道では,トマム→札幌・新千歳空港・南千歳間において,「QRコード乗車駅証明書」による自動精算サービスを開始した.

 これは,無人駅であるトマム駅から乗車する際,きっぷを持っていない利用客が,スマートフォンで取得する「QRコード乗車駅証明書」により,札幌・新千歳空港・南千歳の各駅改札内に設置された精算機で自動精算するもので,JR旅客会社では初めての取組となる.このサービスにより,乗車駅(トマム駅)を係員に説明することなく,各言語でスムーズに精算できるようになる.

JR北海道,一部駅間で「QRコード乗車駅証明書」による自動精算サービスを開始

 利用方法は,スマートフォンでトマム駅の待合室に掲示されているポスターなどから専用のWEBサイトにアクセス後,人数・行先を入力して「QRコード乗車駅証明書」を取得する.列車では自由席に乗車し,車内改札時は車掌に「QRコード乗車駅証明書」を提示する.下車駅(札幌・新千歳空港・南千歳のいずれか)に設置された精算機に,取得した「QRコード乗車駅証明書」をかざし,画面に沿ってきっぷを購入することで,改札口から出場できる.専用WEBサイト,QRコード乗車駅証明書,精算機は,日本語のほかに英語・中国語(繁体字・簡体字),韓国語に対応している.
 サービスは1月21日現在「トマム駅発」のみとし,JR北海道では,各地からトマム駅に向かう場合は,帰りのきっぷも事前に購入することをすすめている.事前にきっぷを購入した場合は,上記サービスによる精算は必要ない.
※ QRコードは株式会社デンソーウェーブの登録商標です.

特記以外の画像はJR北海道のニュースリリースから