×

三陸鉄道,3月13日にダイヤ改正を実施

access_time
2021年1月22日掲載

三陸鉄道は,2021(令和3)年3月13日(土)にダイヤ改正を実施すると発表した.
 今回の改正では,久慈16:06発→盛20:29着の直通列車を,観光客が利用しやすい久慈12:00発→盛16:35着に変更する.釜石では,JR釜石線とリアス線の宮古方面との乗換え時に,階段を使用しない平面乗換えが可能な列車を夕方に上下各2本増やす.
 岩手船越5:42発→宮古6:42着の列車については,途中の列車交換時刻を変更することで岩手船越5:53発→宮古6:39着に時刻を変更し,乗車時間を短縮する.宮古20:31発→久慈22:07着の列車については,宮古20:50発→久慈22:23着に時刻を繰下げ,通勤客の利便性を改善する.
 久慈21:24発→田野畑22:12着,田野畑22:20発→久慈23:00着の列車については,新型コロナウィルス感染症の影響などにより利用客が減少していることから,運転を取りやめる.あわせて,久慈20:32発→宮古22:07着の列車を久慈20:46発→宮古22:24着に繰り下げ,通勤客への影響を緩和する.
 このほか,時刻が大きく変更となるJR八戸線の列車にあわせて,接続列車の時刻を変更する.