×

東武,1月20日から終電繰上げを実施

東武鉄道50050系

写真:東武鉄道50050系  編集部撮影  南栗橋車両管理区にて  2005-12-8(取材協力:東武鉄道)

東武鉄道は,新型コロナウイルス感染症の拡大にともなう緊急事態宣言の発出と国土交通省・1都3県からの要請を踏まえ,2021(令和3)年1月20日(水)から当面の間,一部路線の終電時刻を繰り上げると発表した.
 平日ダイヤでは東武伊勢崎線(東武スカイツリーライン)と東上線において,終電時刻をそれぞれ現行から最大14分繰り上げる.東武野田線(東武アーバンパークライン)では,柏発の終電時刻を現行から最大18分繰り上げる.また,土休日ダイヤでは東武伊勢崎線(東武スカイツリーライン)において,終電時刻をそれぞれ現行から最大16分繰り上げる.
 終電時刻の繰上げにともない、利用する線区・区間により最終列車時刻が変更となる.あわせて各駅での接続なども変更となるが、代行輸送などは実施しない.また終電繰上げは,緊急事態宣言にともなう要請を受けた対応であり,2021(令和3)年春のダイヤ改正の内容とは異なる.ダイヤ改正の詳細時刻については,改めて発表される.
 詳しくは,東武鉄道のニュースリリース(PDFファイル)に掲載されている.

写真はイメージです.