西鉄で“初詣号”が運転される

西鉄で「初詣号」が運転される

西日本鉄道では,太宰府天満宮への初詣客輸送として,2021(令和3)年1月1日(金祝)から3日(日)まで,西鉄福岡(天神)—太宰府間で臨時急行“初詣号”が運転されました.
 今回も昨年同様,5000形6連1本と9000形6連2本が使用され,車両の前後には太宰府観光宣伝隊長の「千梅ちゃん」が描かれたヘッドマークが掲出されました.なお,今年は新型コロナウイルスの影響で,太宰府天満宮への分散参拝としての対応から,1月9日(土)から11日(月祝)の3日間にも運転される予定です.

写真:西鉄二日市—五条間にて 2021-1-1
投稿:花村 隆広