東京モノレール,「初日の出フライト」にあわせた臨時列車を運転

access_time
2020年12月12日掲載
東京モノレール 10000形

写真:東京モノレール10000形  編集部撮影  昭和島車両区にて  2014-4-8(取材協力:東京モノレール)

東京モノレールは,各航空会社が運航を予定している「初日の出フライト」に搭乗する利用客のため,2021(令和3)年元旦に臨時列車を運転すると発表した.

 臨時列車は,モノレール浜松町3:45発→羽田空港第2ターミナル4:03着の1本を設定.空港快速として運転し,途中羽田空港第3ターミナル,羽田空港第1ターミナルのみに停車する.
 また,元日から1月3日(日)までの間,指定の列車に「新春ヘッドマーク」を掲出する.掲出する列車については,東京モノレールのニュースリリース(PDFファイル)に掲載されている.
 このほか,12月30日(水)から1月3日(日)までは,土曜・休日ダイヤで運転する.
 なお,新型コロナウイルス感染症拡大防止のため,2021(令和3)年1月1日(金祝)は展望デッキの開放が7:30からとなっており,デッキからの初日の出をご覧いただくことができません.
※新型コロナウイス感染症の拡大状況にともない,元旦の臨時列車(1本)の運転については中止となりました(12月18日追記).

写真はイメージです