×

京成電鉄,1月に臨時“シティライナー(成田山開運号)”を運転

AE9編成

写真:京成電鉄AE形“スカイライナー”  東松戸にて  百々貴俊撮影  2019-9-20

京成電鉄では,成田山新勝寺や柴又帝釈天などへの参詣客が多数利用する年末・年始期間にあわせ,臨時ダイヤでの運転を実施すると発表した.

 臨時ダイヤは,大晦日の夜から元日の朝にかけて,一部区間を除いて終夜運転を実施するほか,2021(令和3)年1月1日(金祝)の元日から3日(日)の日中時間帯は柴又・京成成田を発着する列車を増発する.

 また,終夜運転時と1月中の土曜・休日ダイヤ実施日には,“スカイライナー”として運転しているAE形にヘッドマークを掲出し,成田山新勝寺への参詣列車として“シティライナー(成田山開運号)”を,上下で各1本,臨時運転する.
 なお,2020(令和2)年12月30日(水)から2021(令和3)年1月3日(日)の5日間は,土曜・休日ダイヤで運転する.
※新型コロナウイス感染症の拡大状況にともない,大晦日の終夜運転(京成上野22:40発“シティライナー”を含む)については中止となりました.
※元日から1月3日(日)の列車増発と,1月中の土休日ダイヤ実施日における“シティライナー(成田山開運号)”の運転については予定どおり実施します(12月18日追記).

写真はイメージです.