×

E235系1000番台,12月21日から営業運転を開始
〜横須賀・総武快速線などに投入〜

E235系1000番台,12月21日から営業運転を開始

JR東日本横浜支社は,横須賀・総武快速線向けの新形車両,E235系1000番台について,2020(令和2)年12月21日(月)から営業運転を開始すると発表した.

 E235系1000番台は,11両編成51本・4両編成46本の計745両が製造される予定で,2020(令和2)年度は,11両編成と4両編成がそれぞれ8本導入される.
 運用範囲は,横須賀線(東京—久里浜間),総武快速線(東京—千葉間),外房線(千葉—上総一ノ宮間),内房線(蘇我—君津間),総武本線(千葉—成東間),成田線(佐倉—香取間,成田—成田空港間),鹿島線(香取—鹿島神宮間)となる.
 乗客サービスの向上として,前面・側面にフルカラー行先表示器を設置し,乗降扉に半自動機能を搭載.車内には空気清浄機のほか,ドア上部・荷棚上部・妻部にデジタルサイネージを設置し,多言語による情報提供をする.各車両にはフリースペースを設置し,普通車のトイレについては,すべて車いす対応の大形洋式トイレとなっている.
 安全面では,オイルフリーコンプレッサの採用や,主要機器の2重系化に加え,機器の状態監視機能を搭載している.環境面では,次世代半導体素子SiCを採用した主回路機器の搭載し,車内照明にLEDを採用している.

写真:JR東日本のニュースリリースから